e3ad3d4ba2da8998e3661a16c8716c52_s

ワキガ体質の人は、臭いの悩みだけではなく、汗によって衣類にできてしまう黄ばみにも悩まされてはいませんか?

ワキガの汗による黄ばみを落とすグッズが実は100均で手にはいります。ここでは、そんなワキガによる黄ばみとその落とし方について詳しく見ていきます。

100均グッズでワキガの汗による黄ばみは落とせる?

軽量スプーンの重曹
ワキガの汗は洋服の脇部分や下着についてしまうと黄ばみを作ってしまって、厄介ですよね。ついてしまった黄ばみは、普通に洗濯してもキレイに落ちてくれません。

そこで、100均でも手に入るアイテムが役に立ちます。

そのグッズとは「重曹」です!

今回はワキガの汗でなぜ黄ばみができてしまうのか、100均でも手に入る重曹の効果、おすすめの洗濯方法についてご紹介します。

なぜワキガの汗で黄ばみができるの?

普通の汗では、衣類が多少汚れるものの、黄ばみとなって残ることはありません。ではなぜ、ワキガの汗だと黄ばんでしまうのでしょうか?

それはワキガの原因となっている汗の成分によるものです。
ワキガの原因となる汗は、アポクリン腺という汗腺から分泌されるものです。
この汗には、脂質や脂肪酸、タンパク質やステロイドなどの成分が含まれています。

そして、その成分の中に「リポフスチン」という色素の成分も含まれているんです。
この成分が原因となって、黄ばみができるのです。

リポフスチンによる色の付着には個人差があり、黄色や茶褐色など、人によっての汗じみの色が違ってきます。

また人種によってもしみの色が変わります。汗じみが真っ黒になってしまう人もいれば、蛍光色になってしまう人もいるようです。

ちなみに、普通の汗はエクリン腺という汗腺から分泌されるものです。
エクリン腺の汗に含まれる成分の99%が水分ですので、この汗によって衣類に黄ばみができることはありません。

しかし、成分のほとんどが水分である汗にも、雑菌は寄ってきます。雑菌が繁殖すると臭いを発生させてしまうので、こまめに洗濯したいですね。

ワキガの黄ばみは100均の重曹でも落ちる!

ワキガの汗による黄ばみは、普通に洗濯しても落とすことが難しいです。そこでおすすめなのが「重曹」です。正式名称は「炭酸水素ナトリウム」。

お菓子を作るときに使うふくらし粉、またはベーキングパウダーとして知られていますね。他には胃薬などでも使われているんです。

100均でも販売されている重曹には、漂白効果があります。

使い方は500mlの水に大さじ1杯の重曹をよく混ぜて溶かし、「重曹水」を作ります。
その重曹水に黄ばみができてしまった衣類を一晩つけておきます。

その後は普通に洗濯をします。重曹には消臭効果もあるので臭いがついた衣類などにも効果的です。

毎日の洗濯に使うものですから、100均で手に入る重曹は経済的ですよね。

酸素系漂白剤で黄ばみを落とす

100均で売られている重曹の他に、酸素系の漂白剤でもワキガの汗による黄ばみを落とすことができます。

塩素系漂白剤は酵素系よりもさらに漂白効果が高いのですが、白いもの以外の衣類は色落ちしてしまうことがあります。また、衣類そのものにダメージを与えてしまうこともあります。
さらには、しっかりとすすぎをおこなわないと、肌に刺激を与えてしまうことも。

酸素系漂白剤であれば刺激もなく、色落ちもしにくいです。大切な洋服にダメージを与えることもありませんので、安心して使うことができます。

酸素系漂白剤で黄ばみを落とす方法は、40度から50度の少し熱めのお湯に酸素系漂白剤を入れ、衣類をつけておきます。
その際に、できるだけお湯の温度が下がらないよう、差し湯などををするとさらに効果が高くなります。

漂白剤には液体と粉末がありますが、おすすめしたいのは粉末タイプのものです。粉末の方が漂白効果が高いです。

汚れがひどいときには粉末タイプを使う、普段の洗濯のときには液体タイプを直接汚れている部分につけるなど、使い分けても良いでしょう。

液体漂白剤でも、濃縮タイプのものを直接衣類につけると色落ちしてしまったり、生地がダメージを受けてしまうことがありますので、お湯で薄めてからつけるようにしましょう。

100均重曹と漂白剤をコラボさせる

漂白剤入り霧吹き

頑固な黄ばみには、100均の重曹と漂白剤を一緒に使うことをおすすめします。

このときに使う漂白剤は、液体タイプの酸素系漂白剤です。重曹と液体酵素系漂白剤を1対1になるように入れて混ぜます。

このときに注意すべき点は、炭酸ガスが発生することです。
ペッドボトルの中など、密閉した容器で混ぜてしまうと容器が破裂してしまう恐れがあります。
ふたを外したタッパーや洗面器などを使用しましょう。

重曹と液体漂白剤のペーストができたら、黄ばみの部分に塗っていきます。そしてアイロンのスチームを上からあてます。
漂白剤の効果が発揮される温度は40~50度なので、ドライヤーの温風でも大丈夫です。
このとき、霧吹きなどでお湯を吹きかけながら温風を当てると効果的です。
蒸しタオルを使うのも良いでしょう。

その後普通に洗濯します。

ただし、漂白効果が高い方法ですので、色落ちしやすい衣類には使用をおすすめできません。

ワキガの臭いがうつらないように

黄ばみがついてしまうのも大変ですが、ワキガの臭いのついた衣類と他の洋服を一緒にしておくと、臭いがうつってしまうことがあります。
黄ばみはできませんが、ワキガの臭いも普通に洗濯しただけではなかなか落ちないものです。

臭いがついてしまった衣類を洗濯するときも、黄ばみを落とす方法と同じ方法で洗濯します。

やはりここでも、100均の重曹も漂白剤も活躍します。

まとめ

ワキガの汗によってできてしまった衣類の黄ばみを、100均で手に入るもので落とすことができるかということについて、ご紹介しました。

100均でも手に入る重曹を活用したり、重曹プラス酵素系漂白剤で黄ばみをキレイに落とすことができます。

しかも、普段の洗濯にひと手間加えるだけなので、家事に負担がかかることもありません。

学校指定や会社規定のシャツなどを着用している人は、黄ばんでしまったからといって気軽にシャツを買い替えるのは難しいですよね。

毎日着るものですから黄ばみがついてしまうことも多く、洗濯時には悪戦苦闘されていたかもしれません。

ぜひ、今回ご紹介した洗濯方法で黄ばみをキレイに落として、快適な生活を送るのにお役立てください。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!