犬の散歩をする女性

ワキガで悩んでいる人の中には、デリケートゾーンからのニオイ、いわゆる「すそワキガ」にも悩まされていることがあるようです。実際に、ワキガとすそワキガを併発している人は多くいます。

こちらでは、すそワキガの原因、ワキガとの関係、そしてセルフチェック方法や対処法についてご紹介していきます。

すそワキガの原因とは?ワキガと関係について

医師(男性)

ワキガとは違い、デリケートゾーンからニオイがしてくる「すそワキガ」。場所が場所だけに、ケアも難しいですよね。

同じ「ワキガ」という名前が入っているように、やはり同じ原理でニオイが発生しているのでしょうか。

実は、すそワキガもワキガも原因は同じです。

ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺から分泌される汗と、雑菌によるものです。

人間には2つの汗腺が存在します。

一つはエクリン腺という汗腺で、全身にあります。このエクリン腺から分泌される汗の成分は、そのほとんどが水分で、汗は無臭です。

エクリン腺からの汗と雑菌が混ざると、いわゆる「汗クサイ」ニオイがします。

対して、アポクリン腺からの汗と雑菌が混ざると、ワキガ特有のニオイが発生します。

アポクリン腺は誰の体にも存在するものですが、その数には個人差があります。アポクリン腺の数が多く、形が大きいほどワキガの症状が出やすいのです。

すそワキガの原因はワキガと同じ

アポクリン腺から出る汗には水分のほかに、糖質、タンパク質、脂質、鉄分、アンモニアなどの成分が含まれています。

そして、アポクリン腺から出た汗と皮脂腺から分泌された脂肪分とが混ざり合い、常在菌によって分解され、ニオイが発生します。

これがワキガのメカニズムです。

すそワキガの原因は、ワキガと同じです。

アポクリン腺はワキ以外にも耳の穴の中や陰部、へその周り、乳首周辺といった特定の部位に存在しています。

すそワキガは、陰部に存在するアポクリン腺が原因となっています。

古来、ワキガのニオイは異性を惹きつけるためのフェロモンとしての役割を担っていました。

人間が進化していくにつれて、体毛とともにアポクリン腺は退化し、エクリン腺が発達したと考えられています。

アポクリン腺が特定の部位にのみ存在するのは、昔フェロモンの役割を担っていた名残りといったところでしょう。

しかし、現代人、特に臭いに敏感な日本人にとってワキガやすそワキガの臭いは、フェロモンではなく悪臭に変わってしまっています。

ワキガ体質の人にとっては、とても厄介な「名残り」ではないでしょうか。

すそワキガの臭いが強くなってしまうことがある

すそワキガの場合、ワキガと違う原因でニオイが強くなってしまうことがあります。

それはワキガ手術をしたとき。

ワキガ手術はアポクリン腺を取り除く治療をおこなうのですが、アポクリン腺が取り除かれても、そこから出ていた汗がなくなるわけではありません。

行き場をなくした汗がいったいどこから出るようになるのかというと、陰部のアポクリン腺からです。

ワキガ手術を受けた人の中には、ワキからニオイがしなくなったけど、今度は股間の辺りのニオイが強くなったという人は少なくありません。

場所はデリケートゾーンですから、恋人との性行為など雰囲気が大事なときなのにニオイが気になってそれどころでは…ということもあり得るようです。

先ほど説明したように、ワキガのニオイはもともと異性を惹きつける役割がありました。

そのため人間の体は性的な興奮を感じると、アポクリン腺の働きが活発になり、より強烈なニオイを放つようになるのです。

相手は気を遣って何も言ってこないかもしれませんが、知らず知らずのうちに不快な思いをさせている…なんてことも。

また、ワキガやすそワキガを気にし過ぎて、好きな人とお付き合いすることに引け目を感じてしまったり、性行為に及ぶことができないという人もいるようです。

実はかなり厄介なすそワキガ

すそワキガには厄介な点がいくつかあります。

デオドラント剤が使えない

デリケートな場所ゆえに、あまり刺激の強いデオドラント剤を使うことができません。

ワキガ対策として販売されているデオドラント剤の多くは、殺菌成分を含んでいます。
皮膚の常在菌に働きかけて、ニオイを元から断つためです。

しかし、デリケートゾーンに殺菌力の強いデオドラント剤を使ってしまうのは、非常に危険です。
肌を守る粘膜まで破壊してしまい、皮膚のかぶれや炎症が起きてしまうこともありますので、使用を控えましょう。

すそワキガかどうかの診断が難しい

すそワキガの診断は、実は専門医でも難しいといわれています。

ワキガの診断は、ワキを切開してアポクリン腺があるかどうかを目視で確認するという方法でおこなわれます。
しかし、陰部のアポクリン腺はワキにあるものと違って瘢痕化(はんこんか)しているため、目視で確認することはできません。

瘢痕化とは、簡単にいえば傷が治った状態のことをいいます。

たとえば、ケガをして擦り傷などができたとき、その傷口にカサブタができて自然と治っていきますよね。

その際に傷口がぷくっと膨らむことがあります。それが瘢痕化という現象です。

コラーゲンによって傷口を保護している状態のことをいうのですが、陰部のアポクリン腺も同じようにコラーゲンに包まれているので、切開しても目視で確認できないのです。

専門医でも判断ができないということは、いざ手術を受けたとしてもすそワキガが治るかどうかが分からないということ。

また、陰部からのニオイの原因がすそワキガではなく、別の病気である可能性もあります。

このように、すそワキガは診断が難しいため、手術を回避して別の治療法を推奨されることもあるようです。

すそワキガのセルフチェック方法

赤いレ点のついた用紙

専門家でも診断が難しいとされるすそワキガですが、クリニックなどを受診する前におこなえるセルフチェック方法があります。

下着が黄ばむ

ワキガ体質の人は、衣服の脇の下や下着が黄ばむことがあります。
これは、アポクリン腺から分泌される汗に含まれる「リポフスチン」という色素が原因です。
アポクリン腺の活動が活発だと、衣服に黄ばみを作ってしまいます。

すそワキガかどうかを確かめるには、白い下着をつけて一日過ごしてみてください。
下着が黄ばんでいれば、陰部にアポクリン腺が多く存在していることを意味していますので、すそワキガであるということがわかります。

アンダーヘアが濃い

アポクリン腺が多い人は、アンダーヘアが濃い傾向にあります。

毛量よりも一本の毛が太かったり、ひとつの毛穴から二本生えている状態が見られたら、アポクリン腺の数が多く存在しているということになります。

また、毛量が少ないけれどアンダーヘアが濃いという場合は、どうしても蒸れやすくなり、ニオイが発生しやすい環境を作ってしまいます。

ワキガ体質であり、すでにワキガの症状が出ている

ワキガ体質である、またはすでにワキガの症状が出ていれば、すそワキガを併発している可能性が高いです。

ワキガ体質は遺伝によるものですので、両親、または親族にワキガの人がいれば、体質を遺伝している可能性があります。

ワキガ体質かどうかを調べるには、耳垢をチェックしてみるとわかります。

耳垢が湿っていて粘り気がある状態であれば、耳の中にアポクリン腺があるということになります。

前述しましたが、アポクリン腺は特定の部位に存在する汗腺です。耳の中にアポクリン腺があるということは、ワキガ体質であるということがわかります。

すそワキガの対処法

石鹸とタオル

すそワキガはデリケートゾーンのため、制汗スプレーなどのデオドラント剤でのケアはできません。

しかし、デリケートゾーン専用の石鹸や、陰部でも使用できるデオドラントクリームがあります。

インターネット通販で入手できますし、中には返金保証などがついている商品もありますので、肌に合わなかったときや効果が実感できなければ返品できるなど、安心して試すことができます。

普段の生活習慣も見直してみましょう。
脂っこい食事や野菜の摂取不足だと、アポクリン腺の活動を活発にしてしまいます。
できるだけ野菜やフルーツを多く摂る、肉ばかりでなく魚もメニューに加えるなど、食事の改善を心がけてください。

入浴の際はシャワーだけで済ませず、しっかりと湯船に浸かり、体の老廃物を出すことも大切です。

また、下着の素材にも気をつけましょう。肌に優しく、通気性に優れている綿素材の下着にすると、蒸れを最小限に抑えることができ、雑菌の繁殖を抑えることになります。

まとめ

すそワキガの原因についてお話しました。

合わせて、ワキガとの関係やセルフチェック方法、対処法についてもご紹介しました。

すそワキガの原因やメカニズムはワキガと同じですが、治療もケアも難しく、厄介ではあります。

しかし、近年では専用の石鹸やクリームといったデオドラント剤も販売されていますので、使用してみる価値はあります。

また、普段の生活習慣を見直すことで、アポクリン腺の活動を抑えることができます。

すそワキガの根絶は難しいかもしれませんが、正しいケアをおこなうことで臭いの発生を抑えることはできますよ。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!