こんにちは、管理人のたかこです。今日は消臭成分について情報をまとめますね^^

ここ最近のワキガ対策用の製品には、イソプロピルメチルフェノール、シメン-5-オールなどの殺菌成分のほか、フェノールスルホン酸亜鉛などの制汗成分が配合されているものが多くなってきています。

これらの成分は、ワキガの原因菌であるコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌の増殖を抑え、嫌な臭いの発生を抑えます。

そして、殺菌成分や制汗成分とともに配合されているのが、各商品独自の消臭成分ですが、これにはさまざまな種類があります。

ここでは主な消臭成分を一覧でご紹介します。
記事の後半では、軽度、中程度、重度のワキガでの選び方の違いについても解説しています。

柿渋エキス

わきが対策用製品だけではなく、加齢臭を抑えるシャンプーやボディソープなどにも配合されていることが多いのが、柿渋エキスです。

柿渋エキスには、柿タンニンという成分が含まれており、この成分は殺菌作用だけではなく、嫌な臭いの抑性に優れた効果を発揮することで知られています。
この成分を配合した製品には、クリアネオやラポマインがあります。

ミョウバン

ヨーロッパの火山地帯などで採取することのできるミョウバンは、古代ローマの時代から体臭予防の化粧品として用いられてきたのだそうです。

そして、そのミョウバンが結晶になったものをアルム石と呼び、現在販売されているわきが対策製品の中にも配合されているものがあります。
この成分を配合した製品には、デオラボクリームや、デオナチュレソフトストーンなどがあります。

茶カテキン

緑茶には茶カテキンという成分が含まれており、殺菌や消臭効果を期待することができます。

また、緑茶は風邪予防効果があるとされ、飲むだけではなく、うがいをするという方もいますね。

最近では、除菌・消臭スプレーの中にも、茶エキスや茶カテキンという表示で成分が含まれているものもあります。
この成分を配合している製品には、デオラボ、海露があります。

ヨクイニン

ハトムギ~抽出されるエキスで、漢方薬としても販売されている成分です。

また、ヨクイニンは美白効果や肌荒れ改善効果も期待することができますので、美白化粧水やクリーム、ニキビ用化粧水などにも配合されています。

そして、殺菌作用や消臭作用も持ち合わせていることから、わきが対策用製品にも配合されていることがあります。
この成分が配合されている製品には、クリアンテがあります。

塩化アルミニウム

多汗症治療に使用されることが多い成分ですが、わきが対策としても使用されることがあります。

この成分は、制汗作用や消臭効果を期待することができますが、お肌への刺激が強いため、アレルギーを起こしやすい方の場合では、注意深く使用する必要があるでしょう。

塩化アルミニウムは医療機関で購入することができますが、この成分を配合しているわきが対策用製品も存在しています。
この成分を配合している製品には、デドランスa、オドレミンなどがあります。

銀(Ag+)

銀といえば、高級食器に使用されていることでも知られていますが、実はこれにきちきんとした理由があるんです。

それは、銀には食物に含まれている雑菌を殺菌する作用があるといわれているからです。そして、この銀が持つ殺菌作用を利用したわきが対策用製品も登場してきています。
この成分を配合している製品には、エージープラスなどがあります。

消臭成分だけではワキガ対策は甘い!?

今回は、わきが対策製品に配合されている消臭成分をいくつかご紹介してきました。

これらの成分の中には、消臭作用とともに殺菌作用をもつものもありますが、冒頭でお話したイソプロピルメチルフェノールやシメン-5-オールなどの成分が配合されていない製品の場合では、ワキガの臭いを完全に消すことが難しいと考えることができます。

つまり、わきが対策製品を購入するのであれば、殺菌作用を持つ成分も配合されている製品を選ぶことが大切であるということです。

わきがは、軽度、中程度、重度に大別することができ、症状の目安は以下のようになっています。

軽度

一般的なデオドラント製品を使用すればほとんど1日中臭いが気にならない、洋服の脇部分の黄ばみが少ない、他人からわきがを指摘されたことがない

中程度

一般的なデオドラント製品の使用だけではわきがの臭いを抑えることができない、洋服の脇部分の黄ばみが多く、白い洋服を着ることができない、他人から指摘されたことがある

重度

一般的なデオドラント製品ではまったく効果を感じることができない、ご自身でもワキガの臭いが気になる、わきが対策製品でケアを行ってもわきがの臭いがすることがある

おおまかに、このように分類されています。

このうちの軽度なわきがの方であれば、殺菌成分の配合量が少ない製品でも対応することができますが、中程度以上のわきがの方の場合では、殺菌成分がしっかりと配合されている製品を使用しない限り、わきがの臭いを改善することができません。

わきがはコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌の繁殖によって起こりますので、わきが対策用製品を購入するのであれば、消臭成分だけではなく、殺菌成分もきちんと配合されているものを選びましょう。

 

↓↓ こちらもあわせて読まれています ↓↓

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!

※関連記事 ▶ ワキガのクリームは安いものと高いものとで大きな違いがある