テノール液は、ワキガの治療や改善に用いられるアイテムのひとつです。
この記事ではテノール液について、含まれる成分と毎日使うことのメリット、そしてワキガ対策に使いやすいという特徴についてチェックしていきます。

テノール液の主な成分は制汗剤でおなじみの塩化アルミニウム

テノール液に含まれる成分のメインは、塩化アルミニウムです。
この塩化アルミニウムには、臭いの原因となる脇の汗腺に作用して、多汗症状を緩和する作用を持ちます。

脇にはアポクリン腺とエクリン腺という二つの大きな汗腺がありますが、両方の汗腺に作用してくれる優れものです。

汗が沢山脇から噴き出る状態を緩和して、臭いのもとも断ち切ってくれます。
このような特徴を持つ塩化アルミニウムを含むテノール液は、病院でもワキガや多汗症状を良くするために処方されています。

そのため、医師からも使われる、安全な製品であるということが分かりますね。

塩化アルミニウムの成分は、何となく刺激の強そうな気がしますが、テノール液には低濃度で配合されています。
なので、肌を刺激したり、副作用が出たりする心配はまずないと言って良いでしょう。

塩化アルミニウムが作用して、テノール液はワキガに悩む人の強い味方になってくれそうです。

テノール液は毎日使うとワキガ対策の効果がアップする?!

テノール液は刺激性の強いものではありません。そのため、毎日ワキガの対策として利用できるのが、大きなメリットになります。
できるだけ毎日テノール液を脇に塗り、汗と臭いを抑えることがとてもベストな対策方法になると考えられているのです。

他のワキガ対策のアイテムやデオドラント製品も同じことが言えますが、テノール液についてもワキガの改善のために毎日使うことは十分利点のある対処法です。
脇からの汗が沢山出ている状態も食い止めやすくなり、脇がサラサラとした状態もキープできます。

ワキガのうち、脇汗が多い悩みを持つ人にとっては、その不満や問題を解決しやすい環境を作れると思います。
汗の量が少なくなれば、自然と脇の臭いの問題も良くなっていくため、テノール液を毎日使うことが望ましいことが分かりますね。

慢性的にワキガの症状に悩んでいる人は、特に毎日テノール液を使用して対策することが大事になりそうです。

テノール液はワキガ対策に最適?!

テノール液は、ワキガ対策に使いやすいというメリットがあります。

主な効果として制汗作用や消臭、殺菌作用が挙げられますが、形状がロールオンタイプであることも嬉しいポイントです。
ロールオンだと脇に直接塗ることができるため、ワキガの対策を意識して作られていると考えられるでしょう。

テノール液を使った人からは、ロールオンなのでワキガの対策に使いやすいと評判が高いんです。

制汗作用や臭いを緩和する作用は、朝に脇に塗ると夜遅くまで続くことが多いため、その点もワキガ対策にはとても向いているように思います。
ロールオンタイプで塗った後はすぐに乾き、脇がさらさらとした状態になります。

テノール液自体が、ワキガの対策を中心にとして作られていることが、ワキガに悩む人にとっては魅力的に感じられると思います。
初めてワキガを緩和するためにアイテムを使うときには、テノール液をチョイスすると良いかもしれません。

ただしパッケージがちょっと独特で化粧ポーチに入れておいても違和感があるので、お手洗いなどでバレずに使うにはハードルがあります。
またロールオンの特性としては脇汗で流れ落ちやすいというのもあります。

塗布箇所からは脇汗が出なくても別の部位からの汗で流れ落ちる可能性もあるので、二度塗りようにしっかり持ち歩くようにしないといけません。
そう言った点では個人的にはクリームタイプのデオドラントは汗で流れづらく、効果も持続しやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

テノール液は塩化アルミニウムが主成分となっており、ワキガで出てくる悩みをしっかりとカバーしてくれます。
病院でもテノール液がワキガの治療に使われたりするため、安全で安心してワキガを良くするために使えそうです。

塩化アルミニウムという名前から刺激は強いと感じられがちですが、低濃度で入っていることから毎日使用しても問題ありません。
実際にテノール液を脇に塗る習慣をつけると、ワキガの症状が和らぎ、不快な症状を感じにくくなるとされています。

毎日脇に塗るということを習慣にして、ワキガ対策をどんどん前に進めてみましょう。
ロールオンタイプの製品であるため、ワキガ対策のアイテムの扱いに慣れていなくても、簡単に使えることも魅力的で、長くワキガ対策に使っていけそうであると感じられるでしょう。

 

↓↓ こちらもあわせて読まれています ↓↓

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!

※関連記事 ▶ ワキガのクリームは安いものと高いものとで大きな違いがある