ワキに触れる女性モデル

ワキガの臭い対策、大変ですよね。デオドラント剤を探すのも面倒だし、一日に何度も脇の下を拭いたり、スプレーしたり・・・。できることなら、こんな苦労とはサヨナラしたいですよね。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺を除去する方法はご存知ですか?ワキガの原因について、そしてその治療方法について説明していきます。

ワキガの治療方法、アポクリン汗腺除去とは?

医療器具

ワキガは体質によるものですから、一度症状があらわれたらずっと付き合っていかなくてはなりません。

スプレーやクリームといったデオドラント剤を使えば、臭いを抑えることはできます。しかし、それはワキガの症状を一時的に抑えているだけであって、治しているわけではありません。

ワキガを治すためには、臭いの原因となるアポクリン汗腺を除去する必要があります。除去方法は、アポクリン汗腺を切り取る、吸引するなどさまざまな方法があります。

ワキガの原因「アポクリン汗腺」とは?

人間の体には2つの汗腺があります。ひとつはエクリン汗腺といって、全身にある汗腺です。このエクリン汗腺から出る汗の成分は99%が水分で、残り1%に塩分が含まれています。汗は無色で無臭です。

もうひとつがワキガの原因となるアポクリン汗腺です。

この汗腺から出る汗には水分の他にたんぱく質、アンモニア、脂肪、鉄分などが含まれています。汗の色は白く濁っていますが、実はこの汗自体は無臭です。

汗に含まれている成分と皮膚の常在菌が混ざり、菌が分解され、繫殖することによって臭いが発生します。全身にあるエクリン汗腺に対し、アポクリン汗腺は脇、陰部、乳首、耳の中といった特定の部位に存在します。

この2つの汗腺は、誰もが持っているものです。ワキガ体質の人は、このアポクリン汗腺の数が多く、形も大きいので、臭いの原因となる汗の分泌量が多くなってしまうのです。

ワキガの治療方法

ワキガの治療には、アポクリン汗腺を除去する方法が最も適しているといえるでしょう。しかし、ワキガの程度によっては別の方法で症状を緩和する治療方法もあります。

軽度から中度の場合、汗の量をコントロールすることで、臭いの発生を抑える治療方法があります。病院などの医療機関で処方される制汗作用のある内服薬を使用したり、脇の下にボトックス注射を施す方法もあります。いずれの方法も臭いの原因となっている汗の分泌を抑えることを目的としています。

制汗の効果は期待できますが一度で完治する方法ではありませんので、定期的に継続して治療を受ける必要があります。また、内服薬は口が乾く、尿の出が悪くなる、ふらつきといった副作用がありますので、長期間使用することはできません。

ワキガの症状が中度から重度の場合は、制汗だけでは効果は薄いでしょう。やはり、アポクリン汗腺を除去する方法が望ましいです。

アポクリン汗腺を除去する方法

アポクリン汗腺を除去する方法は、大きく分けると2種類に分類されます。ひとつは医師が直接目で見て汗腺を確認しながら除去していく「剪除法(せんじょほう)」という方法。もうひとつは汗腺を直接見ずに除去していく「吸引法」という方法です。

剪除法

アポクリン腺を除去する手術の中で一番効果が高いとされているのが「剪除法」です。脇の下を3センチから5センチほど切開して肌を裏返し、直接目で見て汗腺を取り除いていくという手術方法です。この方法はアポクリン腺を取り残すということが比較的少ないので、治療の効果が高いです。

この剪除法は、重度のワキガの人に向いています。

しかし、デメリットもあります。脇の下を切開しますので、大きな傷ができてしまいます。また、術後は腕を固定する期間が必要で、一週間程度は安静にしなければなりません。

その後も切開の際の傷が癒えるまで腕が挙げられないなど、生活に支障が出ることもあります。

吸引法

一方、吸引法の場合は脇の下に数ミリの穴をあけて、カニューレという細い管を挿入し、アポクリン汗腺をかきだして吸引していくという方法です。美容外科でおこなわれる脂肪吸引の方法を応用したものです。

吸引法は皮膚を大きく切開することなくおこなわれますので、傷跡が残りにくく、安静期間も短いのがメリットです。しかし、汗腺を直接見て除去していくわけではありませんので、アポクリン汗腺を取り残してしまうことがあります。

そのため、この吸引法は汗腺の数が多い重度の人には向いていません。
軽度や中度の症状の人におすすめの治療方法です。

アポクリン汗腺を完璧に除去するのは難しい

悩む医師

ワキガの手術において、どのような方法であってもアポクリン汗腺を完全に除去することは難しいとされています。それは、汗腺が手術の範囲以外にもあるということと、執刀にあたる医師の技術によっては除去しきれないということが挙げられます。

アポクリン汗腺が存在する範囲が広いというのは、ワキガ体質の人に多くみられます。しかし、アポクリン汗腺の除去が完全ではなかったとしても、数が減れば臭いは必ず軽減されます。

手術を受けてもワキガは完治しなかったけれど、以前に比べて臭いはずいぶんと軽減されたという人が多いです。手術を受ける際は、自分の症状にあった方法を選ぶことが重要です。

また、できるだけ知識と経験が豊富な医師に治療を受けることが望ましいです。
熟練の医師による執刀であれば汗腺の取り残しが少なく、傷の治りが早い、傷跡が残りにくいなど、術後の回復に対する不安も解消されます。

症例数を公開していたり、評価が高い口コミなどを参考に病院を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ワキガを治す方法は、臭いを発生させる原因となっているアポクリン汗腺を除去することが最適です。除去する方法は大きく分けて剪除法と吸引法がありますが、自分の症状の程度に合わせた治療法を選ぶことが重要です。

また、いずれの方法も少なからず体にメスを入れますから、術後の過ごし方なども考慮した上で治療を受けることが望ましいです。アポクリン汗腺を完全に取り除くことは難しいですが、数を減らすことでワキガの臭いが格段に軽減されます。

症状が重く、日々のストレスとなってしまっているのであれば、アポクリン汗腺を除去することも検討してみてください。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!