夏のビジネスマン

ワキガの原因、ご存知ですか?そして、正しい知識を持っていますか?ワキガに対して自分に合う効果的なケアを見つけるには、まず原因を知ることが大切です。

今回は、なぜワキガになるのか、その原因についてお話していきます。

ワキガになる原因ってなに?どうして臭うの?

困り顔の女性

ワキガの臭いの原因は、汗と雑菌です。しかし、誰だって汗はかきます。そして、どんなに清潔にしていても、人間の肌には菌が存在しています。ではなぜ、ワキガになる人とそうでない人に分かれるのでしょうか?

それは、遺伝による体質が関係しています。

これからワキガの原因と臭いが発生するメカニズムについて、詳しく説明していきます。原因を知り、知識を深めることは、どのような対策をおこなえばいいのかということにつながっていきます。

正しい知識を身につけて、自分に合った対策方法を見つけましょう。

ワキガは体質によって起こるもの

ワキガは、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗が原因になっています。

人間の汗腺は、2種類に分類することができます。一つはエクリン腺という全身にある一般的な汗腺で、体温調節などの際に出てくる普通の汗です。

もう一つが、アポクリン腺という汗腺です。アポクリン腺は全身にあるものではなく、脇の下、乳首、陰部、耳の中などの限られた部位にのみ存在する汗腺です。
この汗腺の数や大きさには個人差があって、アポクリン腺の数が多いほどワキガになる可能性は高くなります。

人間の汗腺は、成長していく中で増えたり減ったりするものではありません。汗腺の数や形状は生まれつき決まっており、これは遺伝によるものです。

すなわち、ワキガの根本的な原因はほとんどの場合、遺伝が原因となっているのです。

ワキガの臭いはなぜ起こるのか

アポクリン腺から分泌される汗がワキガの臭いの一因ではあるのですが、実はこの汗自体は無臭なのです。では、なぜ臭いが発生するのでしょうか?

エクリン腺から分泌される汗は、水分と塩分しか含まれていません。対してアポクリン腺から分泌される汗の中には脂質、たんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が多く含まれています。

アポクリン腺から出る汗は皮脂と混ざり、皮膚にいる常在菌の餌になります。常在菌はアポクリン腺から分泌される汗の成分が大好物なので、これを餌にして菌が分解し、繁殖していきます。

このように、アポクリン腺からの汗と雑菌が混ざり、菌が繁殖することにより臭いが発生するのです。アポクリン腺から汗が出るほど雑菌の繁殖が活発になり、ワキガの臭いは強くなっていきます。

ワキガの臭いを悪化させる要素

ジャンクフード

ワキガの臭いには個人差があり、その原因は脇汗の量以外にもあります。

食生活

先ほども説明しましたが、アポクリン汗腺から分泌される汗には脂質、糖質、たんぱく質などが含まれています。肉類、乳製品(チーズやバターなどの動物性たんぱく質)、脂質などの食品はアポクリン腺を活発化させます。アポクリン腺が活発になってしまうと、雑菌の繁殖に拍車をかけます。

つまり、肉類や脂っこいものが中心となっている欧米食は、臭いを悪化させる原因にもなってしまいます。ワキガの臭いを悪化させないためにも、できるだけ野菜や魚を中心とした食生活を心がけましょう。

ホルモンの影響

ホルモンのバランスが乱れると、臭いが強くなる傾向にあります。特に女性には生理があり、妊娠の可能性もあってホルモンのバランスが変わってしまいます。
どんなに気をつけていても、ホルモンバランスを整えるのは難しいことがあります。

そんなときだからこそ、食生活に気をつけて、十分な休息をとるようにしましょう。

ストレス

緊張するとアポクリン腺が刺激され、汗が出やすくなります。大切な場面では、誰もが緊張します。なのに、追い打ちをかけるように臭いが発生してしまうと、さらにストレスとなりますね。また、疲れがたまると自律神経のバランスが崩れてしまい、やはり臭いを悪化させる原因となってしまいます。

現代社会においてストレスと無縁な生活を送るのは困難なことではありますが、できるだけストレスをためないよう、十分な休息、睡眠を確保しましょう。

自分に合ったワキガ対策を

ポイントを示す女性

ワキガは遺伝による体質の問題です。アポクリン腺の数は生まれつき決まっており、成長につれて増えたり減ったりするものではありません。

また、根本から解決する治療方法もないため、ワキガを発症したら「上手くつきあっていく」という考えに変えた方が良いのではないでしょうか。

食生活に気をつけることは臭いを悪化させないためだけではなく、体質改善や健康維持にもつながります。もし、揚げ物や焼肉などを食べるときには一緒に野菜も食べるようにする、または次の日に野菜や果物を多く摂るようにして、バランスをとると良いでしょう。

また、ワキガを気にしすぎてストレスをためてしまうのも、臭いを強くさせてしまうなどの悪化の原因となります。できるだけ疲れやストレスが残らないよう、十分な睡眠を心がけましょう。

入浴の際にはシャワーだけで済ませず、湯船につかるようにしましょう。湯船にゆっくりとつかることで血流が良くなり、デトックス効果もあります。
心地良い温度のお湯にお気に入りのアロマオイルや入浴剤などを入れて、心身ともにリラックスできる環境を作りましょう。ストレスを緩和させることは、臭いを抑えることにもつながります。

近年では、制汗や殺菌効果の高いデオドラント剤が多く販売されています。デオドラント剤によっては、肌への刺激が強いものもあります。配合されている成分や商品の口コミなどを参考にして、自分の肌に合ったデオドラント剤を選びましょう。
ただし、デオドラント剤を使い過ぎると臭いを強くしてしまいますので、注意が必要です。

まとめ

ワキガの原因と、臭いが発生するメカニズムについて説明しました。ワキガ体質は遺伝によるものですから、成す術がないと諦めがちです。

しかし、臭いの原因を知ることで、どのようなケアをおこなえば良いかということが見えてきたのではないでしょうか。臭いの発生を抑えるために生活のリズムを整えると、健康維持にもつながります。

まずは自分の体を大切にしましょう。そして自分に合ったケア方法を見つけて、ワキガと上手く付き合っていきましょう。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!