虫メガネをのぞく女の子

ワキガは遺伝するというのをご存知ですか?ワキガの原因は体質にありますので、子供へ遺伝することも考えられます。今回はワキガが子供に遺伝する確率と確かめる方法、臭いが発生する時期などについて説明します。

ワキガは子供に遺伝するって本当?

ワキガになってしまう原因は、体質にあります。そして、その体質は子供へと遺伝する可能性があります。これは親としてとても心配なことであり、辛いことでもありますね。

だからこそ、子供が悩みにぶつかったときにすぐに対応できるよう、ワキガのことをよく知り、対策を立てていく必要があります。まず、どのように遺伝するのか、その確率について説明していきます。

ワキガが子供に遺伝する確率は?

ワキガの体質というのは、アポクリン汗腺の数や形状の大きさによります。アポクリン汗腺から分泌される汗には水分のほかに、たんぱく質や脂質、アンモニアといった成分が含まれています。

この汗によって、皮膚にいる細菌が分解され、繁殖することで臭いが発生します。このアポクリン汗腺の数が多く、その形が大きいと、臭いの原因となる汗が多く出やすい体質となります。

では、この体質の遺伝というのは、どのくらいの確率で起こることなのでしょうか?

両親から受け継いだ遺伝子のうち、体に現れやすいのが「優性遺伝」、現れにくいのが「劣性遺伝」といいます。ワキガ体質は「優性遺伝」の方に入りますので、子供の体に現れやすいのです。

両親の双方ともがワキガであれば80%、片方の親だけの場合は50%という大変高い確率で遺伝します。

子供にワキガが遺伝しない方法は?

子供にワキガが遺伝してほしくないと思うことは、当然のことです。何か方法があるならば、どうにかして遺伝をしないようにしていきたいところです。

しかし、残念ながらその方法はありません。

そこで、ワキガが子供に遺伝していることがわかったときの対策方法を考えておくことが必要になってきます。

では、ワキガが子供に遺伝していることを、前もって確かめる方法をご紹介します。

ワキガ体質を確かめる方法

子供の耳

ワキガの原因となるアポクリン汗腺は、脇の下以外の部位にも存在します。それは耳の中、乳首、陰部などです。そして、これらの部位にも同じようにアポクリン汗腺から汗が分泌されます。

ワキガ体質であるかを確かめるには、耳垢をチェックします。耳垢が湿っていたり、黄色や茶色といった色がついていたり、粘り気がある場合はアポクリン汗腺からの分泌が活発という証拠であり、ワキガの体質である可能性が高いです。

耳垢のチェックをするときは、お風呂上がりや運動のあとは避けましょう。お風呂やプールなどに入った後、運動して汗をかいた後では耳の中も湿りがちになり、正しい判断ができません。

また、赤ちゃんの耳の中も湿りがちですから、耳垢が湿っていたからといって慌てて判断しないようにしてください。

小学生までは別の病気の可能性もあります。耳垢が湿っている、色がついているといった他に、やたらと耳を触っていたり、テレビの音や人の声を聞きとりにくそうにしていたら中耳炎の可能性があります。特に風邪をひくと中耳炎になりやすいので、小児科、もしくは耳鼻科で相談しましょう。

ワキガの臭いが発生する時期

学生と黒板

ワキガの臭いが発生するようになるのは、思春期に入ったころです。中学生や高校生の一番デリケートな年頃の時期です。早い子は小学生のうちにワキガの臭いが出始めるということもあります。思春期には性ホルモンが増えることで、ワキガの原因であるアポクリン汗腺が活発化されるからです。

ワキガの臭いは、昔は「フェロモン」でもありました。異性に対して、体が成熟したことを伝える役割があったのです。

しかし今の時代、異性の存在が気になり始める年頃で臭いが出てくるというのは、本人にとってはとても大きな悩みとなります。そんなときのために、しっかりとした対処法が必要です。

次に、対策方法をご紹介していきます。

子供へのワキガ対策

家族団らんで食事

耳垢のチェックをしてワキガ体質であることがわかっても、まだ脇から臭いがしない場合には特に対処をする必要はありません。

子供自身が臭いを気にしだしたり、親が気づいたときに対処しましょう。

世間には制汗スプレーやロールオンタイプなど、さまざまなデオドラント剤が販売されています。しかし、子供の肌に使用するとなると、発疹やかぶれ、かゆみといった肌トラブルが気になるところです。

ワキガ用のクリームであれば、子供の肌にも安心して使える製品があります。天然成分で作られており、無香料なのでデオドラント剤を使用していることを周囲に知られることはありません。

持続性もありますので、朝出かける前にクリームをつけたら何度も塗りなおす必要もありません。

また、臭いが強くならないよう、食生活や睡眠などの生活リズムに気をつけましょう。肉料理や脂っこい料理はアポクリン汗腺を活発にしてしまいます。できるだけ野菜を多めに、そして果物や魚などもメニューに加えてあげてください。バランスの良い食事は臭いを抑えるだけでなく、思春期のお子さんにとって健康な体を作る大事な要素です。

手術にてアポクリン汗腺を除去するという方法もあります。手術方法も、体にメスを入れる以外の方法もあります。

しかし、あまり早く手術を受けてしまうと、体の成長に伴い、アポクリン汗腺が復活することもあります。また、副作用や後遺症に悩まされる例もあります。

手術を受ける場合は、知識と経験が豊富な医師に相談しましょう。

そして、お子さんの心のケアも忘れないでください。緊張やストレスもアポクリン汗腺を活発にしてしまいますので、臭いに悩んでいたら話をよく聞いてあげて、一緒に取り組んであげましょう。

まとめ

ワキガの原因は体質にあり、その体質は親から子へと遺伝します。体に現れやすい優性遺伝のため、高い確率で遺伝することがわかっています。

遺伝である以上、ワキガにならない方法というのは存在しません。

しかし、子供の肌でも安心して使えるデオドラント剤があります。食生活を気をつけることで、臭いを抑えることもできます。

なにより、ワキガに悩んできた親だからこそ、その悩みに寄り添うことができるのではないでしょうか。家族で一緒にワキガ対策に取り組むことで、悩みも一緒に解決していきましょう。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!