薬品を持つ研究員

ワキガ対策をデオドラントで行う人は多いと思います。
そんなデオドラント用品を選ぶとき、配合されている成分をチェックしたことはありますか?ここ最近、よく配合されているのがイソプロピルメチルフェノールという成分です。

今回は、ワキガの臭い対策としてデオドラント用品に高い確率で配合されている「イソプロピルメチルフェノール」という成分について、どのような効果があるのか詳しく紹介していきます。

イソプロピルメチルフェノールはワキガの臭い対策に役立つ?

悩むカップル(イラスト)

「イソプロピルメチルフェノール」という成分は、ワキガの臭い対策に欠かせません。

ワキガの原因に直接働きかける、重要な役割を担います。
長い名前で覚えるのにも一苦労しそうですが、覚えておくとデオドラント用品を選ぶ際に大いに役立ちます。

では、この「イソプロピルメチルフェノール」、どのような働きをするのでしょうか?
臭いの原因に直接作用する点やデオドラント用品に配合される理由、そしてどのような成分なのかということについて、詳しく説明していきます。

どうしてワキガになるのか?体質や臭いのメカニズムについて

イソプロピルメチルフェノールについて説明する前に、まずはワキガの原因について詳しくお話します。
原因を知っておくことで、成分の役割も理解でき、対策方法も立てやすくなります。

ワキガの原因と臭い発生のメカニズムについて

人の身体には、ふたつの汗腺が存在します。ひとつは「エクリン汗腺」といって、全身に分布する汗腺です。
エクリン汗腺からの汗の成分は、そのほとんどが水分です。色も臭いもありません。

夏の暑い日や運動をしたあと、発熱や辛いものを食べたときなどに発汗するのは、このエクリン汗腺によるものです。主に体温調節の役割を担っています。

もうひとつの汗腺は「アポクリン汗腺」といいます。エクリン汗腺が全身に分布するのに対し、アポクリン汗腺はワキ、耳の中、へそ周り、乳首、陰部、肛門周辺といった特定の部位にのみ存在しています。

アポクリン汗腺からの汗は、水分の他にアンモニア、鉄分、たんぱく質、脂質といった成分を含んでいます。
汗の色は白濁で、少し粘り気があります。こちらも無臭です。

ワキガの原因になるのは、この「アポクリン汗腺」から分泌される汗です。この汗自体は臭いがありません。問題は、この汗の成分です。

アポクリン汗腺から出る汗に含まれているさまざまな成分を、皮膚の常在菌が分解します。そして、菌を繁殖させます。

この菌の分解・繁殖が臭いを発生させているのです。

つまり、アポクリン汗腺からの汗と、皮膚の常在菌が混ざることによって臭いが発生するというメカニズムになっています。

ワキガ体質とアポクリン汗腺の関係

エクリン汗腺もアポクリン汗腺も、誰もが持つ汗腺です。しかし、アポクリン汗腺の数が多い、形も大きいなど個人差があります。

アポクリン汗腺のひとつひとつの形が大きく、数が多い体質であると、いわゆる「ワキガ体質」であると考えられます。

この体質は遺伝によるものです。両親や祖父母などがワキガ体質だと、子や孫へ遺伝する確率は高くなります。

ワキガの臭いを生む細菌に直接作用

イソプロピルメチルフェノールは高い殺菌効果を持つ成分で、臭いの原因となる雑菌に働きかけます。

ワキガ菌とも呼ばれるコリネバクテリウム属の菌が、アポクリン汗腺から出る汗を分解して臭いを発生させています。このコリネバクテリウム菌をやっつける作用を持つのが、イソプロピルメチルフェノールなんです。

ワキガで一番厄介なのは、あの特有の臭いですよね。その悩みにダイレクトに作用してくれるので、この殺菌効果のある成分は大事な存在なのです。

ワキガ用デオドラントクリームに配合されていることが多い

ワキガ用デオドラントクリームとして有名な商品の多くは、イソプロピルメチルフェノールが配合されています。

「ラポマイン」には、イソプロピルメチルフェノールがしっかり含まれているほか、分子化されて配合されているので、消臭効果がより高くなっています。
慢性的にワキガの臭いが良くならない…という人には、ラポマインをおすすめします。

同じくワキガの症状に効果がある「ノアンデ」も、ラポマインと同じようにこの成分が入っています。イソプロピルメチルフェノールの配合割合がとても高く、消臭効果が長く持続することがメリットです。

ワキガの対策に利用されるアイテムには、このようにしてイソプロピルメチルフェノールがほぼ確実に含まれており、臭いを抑えてくれる効果に期待を持てます。

強い効果がありながら安全・安心な成分

胸に手を当てる女性

かなり強い殺菌成分があるので、ワキガ対策には欠かせない成分であることは間違いありません。

一方で、そんなに強い成分だと、イソプロピルメチルフェノール自体が有害ではないのか、副作用があるのではないかと心配にもなります。

イソプロピルメチルフェノールは、厚生労働省が「アレルギーを引き起こす害のある成分」として使用の際に注意を呼びかけている成分ではあります。

しかし、厚生労働省にて決められている用量を守れば人体には無害であり、副作用の心配もありません。

現在では石鹸やデオドラントスプレーなどにも含まれており、体臭の全般的な対策に使われつつあります。安全でかつ安心して、ワキガの対策に役立てることができます。

殺菌作用が強いことが、かえって危険な成分や刺激的な成分だと誤解させているかもしれません。

しかし、イソプロピルメチルフェノールはデオドラント用品だけではなく、ニキビケア用の化粧品や薬用石鹸、育毛剤など幅広く使用されています。

殺菌作用が認められている成分ですので、ワキガで起こる臭いを抑えることに関しても、しっかりと活用できる成分であるといえるでしょう。

まとめ

イソプロピルメチルフェノールは、ワキガの臭いの悩みを解決するのには欠かせない成分であるということが分かりました。

ワキガ菌とも呼ばれる「コリルバクテリウム属の菌」という臭いの直接的な原因に作用するところが、この成分の特徴です。

強力な殺菌作用がありつつも、安全で副作用の心配のない成分ですので、毎日のケアに安心して使用することができます。

殺菌や消臭の効果については、イソプロピルメチルフェノールは最も強く期待できるものです。そのため、この成分の入ったデオドラント用品を上手に利用することが、ワキガの対策には一番効果があらわれるといえそうです。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!