カラフルな薬品の瓶

デオドラント剤を選ぶ際、ワキガに効く成分が配合されているかを確認していますか?

ここでは制汗と殺菌に効果のある成分について、具体的に説明していきます。ワキガに効く成分を知ることで、自分に合うデオドラント剤を探しやすくなります。

制汗と殺菌効果のある成分がワキガに効く

女性丸サイン

ワキガの臭いの原因は、汗と細菌です。

脇からはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺から汗が出ています。アポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質や脂質、アンモニアなどが含まれています。アポクリン汗腺から出る汗と、肌に存在する細菌が混ざり、ワキガ特有の臭いを発生させます。

ワキガの臭いを抑えるためには、汗を抑え、菌の繁殖を防ぐことが必要です。

デオドラント剤には、制汗効果と殺菌効果のある成分が配合されています。肌に優しい天然成分を使用しているもの、効果の高い化学成分を使用しているものなど、各製品によって違いがあります。

デオドラント剤によく配合されている成分を、制汗・殺菌に分けて説明します。

ワキガの臭いをおさえるなら、制汗が必須

ワキガの臭いを抑えるために必要なのは、まず汗の分泌をコントロールすることです。

実は、汗自体は臭いません。汗が雑菌と混ざり、臭いを発生させています。
汗の分泌を抑えることで、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことになります。しかし、汗は私たちの体にとって体温を調整するために必要な分泌物ですから、完全に抑えてしまうことはできません。でも、汗の量をコントロールすることはできます。

では、汗を抑えるには、どのような成分が効くのでしょうか?

制汗によく使われている主な成分のまとめ

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれるたんぱく質と混ざると、固まる性質を持ちます。それが膜となり、汗腺を塞ぐ役割をします。つまり、汗の出口にフタをして汗を止める収れん作用があります。
また、この成分はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の二つのうち、ワキガ原因となるアポクリン汗腺により強く働きかけるため、ワキガの制汗に適しています。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは、日邦薬品より販売されている制汗剤「オドレミン」などに配合されている、収れん作用のある成分です。
エクリン汗腺に強く働きかけるため、ワキガだけでなく多汗に悩む人にもおすすめです。

制汗力は抜群ですが刺激がやや強く、肌が弱い人はかぶれや水泡などの肌トラブルに注意が必要です。

クロルヒドロキシルアルミニウム

クロルヒドロキシルアルミニウムは上記の塩化アルミニウム同様、汗腺を引き締めて汗の分泌を抑える収れん作用があります。
塩化アルミニウムと比べると、制汗力はやや劣ります。しかし、肌への刺激や副作用が少ないことから、制汗成分としては多くの制汗剤に配合されています。

ワキガ対策には殺菌が効く!

ポンプ

ワキガには汗を抑えることに加え、雑菌の繁殖を抑えることも大切です。

前述しましたように、臭いの原因は雑菌が汗と混ざり、繁殖することにあります。臭いを発生させないためには、この雑菌を殺菌する必要があります。殺菌と効くと、肌への負担も気になるところです。

そこで、ワキガに効く殺菌成分の特徴と副作用についてご紹介していきます。

殺菌の働きがある成分のまとめ

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールはワキガの原因菌であるジフテロイド菌や、悪臭元となる黄色ブドウ球菌を殺菌する成分です。
規定量内であれば、刺激も少なく副作用もほとんどないために、多くのデオドラント剤に用いられています。

塩化ベンザルコニウム

塩化ベンザルコニウムは、ジフテロイド菌や様々な臭い元となる雑菌を殺菌する働きを持っています。

しかし、その高い殺菌力から悪臭を抑える働きをする善玉菌をも殺菌してしまうことも報告されています。
刺激もやや強いため、肌の弱い方や軽度のワキガの方にはおすすめできません。

エタノール

エタノールは消毒剤でもお馴染みの殺菌成分です。
そのまま湿布するだけで消毒でき、扱いやすい成分のため、簡易消毒液にも使用されています。

副作用として、かゆみやかぶれを引き起こす場合があります。

銀イオン

銀イオンは「Ag+」としても表記され、制汗剤の名前としても知っている人は多いでしょう。こちらには悪臭成分を吸収・中和させる消臭効果と殺菌効果があります。粉末状にして、多くの制汗スプレーに用いられています。

まれにデオドラントクリームにも用いられますが、クリームに含まれる銀イオンの効果はスプレーよりも低めです。

ミョウバン

天然素材のミョウバンは殺菌・抗菌力のある成分です。

古代ローマ時代から消臭に用いられ、世界最古のデオドラント剤とも呼ばれています。アンモニアの消臭作用に優れており、足の臭いに悩む人にもおすすめです。

緑茶エキス

緑茶に含まれるカテキンには悪臭成分を吸収し、中和させる消臭効果があります。高い消臭力がありながら、天然成分であるために肌に優しい点も魅力です。

また、善玉菌を残しつつ、悪臭原因菌を殺菌・抗菌する働きもあります。

ヨクイニン

ヨクイニンはハトムギに含まれる成分で、豊富な栄養成分から漢方薬にも多く用いられています。殺菌作用も認められており、さらには保湿効果もあるため、デオドラントクリームに適している成分です。

柿タンニン

渋柿に含まれる柿タンニンには、悪臭成分と結合し中和させる高い消臭力が認められています。また、微生物やウイルスを寄せ付けない防菌効果もあり、雑菌の繁殖による悪臭を抑えます。

ワキガだけでなく加齢臭や足の臭いなどにも有効的であり、デオドラント剤メーカーの間では高い注目を集めています。

まとめ

ワキガに効くとされる代表的な成分のまとめをご紹介しました。

化学成分は刺激が強い傾向にありますが、上手に使えばかなりの効果を期待できます。一方で天然成分は効果はやや劣りますが、低刺激で肌トラブルを避けることができます。

デオドラント剤はドラッグストアでも数多く陳列されており、インターネット上でもさまざまな商品が紹介されています。

多くの製品から自分に合ったデオドラント剤を見極めるためにも、それぞれの成分と特徴を理解して上手に利用しましょう。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!