嫌がる女性

他人からワキガの症状がうつるということは、実際にはあるのでしょうか。

この記事では、ワキガがうつるかどうかについてと衣服の洗濯に関する例、そしてタオルの使い回しの例について見ていきます。

ワキガはうつることはありえない

間違いを示す医師

 

まず結論からいいますと、ワキガの症状が人から人へとうつることはありません。「ありえない」と断言できます。

ワキガは病気ではありません。また、感染症でもありません。「体質」なのです。

ワキガの臭いの原因は汗と雑菌によるもの

ワキガの臭いが発生する原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗を皮膚の常在菌が分解することによって起こるものです。

この「アポクリン汗腺」は誰でも持っている汗腺です。しかし、アポクリン汗腺の数には個人差があります。

アポクリン汗腺は脇や乳首、へその周り、耳の中、陰部や肛門周辺といった身体の一部に集中して存在しています。

身体にアポクリン汗腺が多く存在している人は、ワキガの症状が出やすい体質といえます。

ワキガは体質であり、それは遺伝によるものです

身体を長期間不潔な状態にしていたり、ワキガの人と長い時間同じ空間で過ごしていると、「症状がうつったのでは?」と勘違いしてしまうかもしれません。

しかし、ワキガは持って生まれた「体質」ですから、人にうつるということはありえません。

家族にワキガの人がいない場合には、まず心配する必要はないでしょう。

誤解されることが多い事例がありますが、感染性のものではないと覚えておいてください。

ワキガの人とそうでない人が衣服を一緒に洗濯した場合

洗濯機の中の衣類

 

ワキガの人が身に着けていた衣服と、そうでない人の衣服を一緒に洗濯した場合はどうなのでしょうか。

この場合も、衣服を介してうつるということはまずありません。感染症ではないため、脇に密着していたシャツなどからうつることはないといえます。

しかし、ワキガの人が着用していた衣服の臭いや汚れがしっかり落としきれていない場合は、汚れがうつることはあるかもしれません。
うつってしまった汚れや臭いは、しっかり洗い落とすよう心がけましょう。

ワキガの人の衣類を一緒に洗濯する場合には、あらかじめ衣服の脇の下など汚れや臭いが強く残っている部分に酵素系漂白剤や重曹液などをつけてから洗うと、汚れが落ちやすく、臭いも残りません。

タオルの使い回しというケースでは

タオルと石鹸

ワキガの人とそうでない人が、入浴時などにタオルを使い回した場合はどうなのか。
この場合も、ワキガの症状がうつるということは考えにくいです。

とはいえ、ワキガの人が始めにタオルを使うと、臭いの原因菌や細菌が付着する可能性は高いです。

そのため、ワキガでない人が後にそのタオルを使えば、その臭いの元になる菌を体につけてしまうことは十分考えられるでしょう。
タオルで体を拭いた後に、短い時間ながらもワキガのような臭いがするということは可能性としてあると思います。

これも臭い自体が移っただけなので、症状がうつってしまったということではないです。
一時的に臭いがするというだけであって、タオルを使い回しただけで感染することはありえません。

衣服を洗濯する場合と同じように、臭いが一時的に移ることはありえますが、感染するということについては、心配する必要はまったくありません。

ワキガ体質である可能性も・・・

「自分の身体からワキガの臭いがする」「もしかしたらうつったのかも?」と気になったら、それはうつったのではなく、自分自身がワキガ体質であった可能性があります。

ワキガの症状は、自覚しにくいものだといわれています。家族や友人に指摘されて初めて気がついたという人もいます。

そこで、セルフチェック方法をご紹介しますので、心配な人は確認してみてください。

耳垢をチェックする

繰り返しになりますが、ワキガ体質というのは身体に存在するアポクリン汗腺の量が多いということです。

運動したあとや暑い日の外出時など、体温調節のために全身に汗をかくことがありますよね。

これは「エクリン汗腺」という全身に分布する汗腺からの汗です。全身に分布するこの汗腺ですが、唯一、耳の中には存在しません。
ですから、通常は耳垢が乾いた状態になっています。
お風呂上がりや汗をかいたあとなどは一時的に耳の中も湿った状態になることはありますが、すぐに元に戻ります。

耳垢に粘り気がある、黄色または茶色といった色がついているという場合には、耳の中にアポクリン汗腺が存在している証拠であり、ワキガ体質である可能性が高いです。

衣服が黄ばむ

アポクリン汗腺にはたんぱく質、脂質、アンモニアなどの成分が含まれており、皮膚の常在菌がこれらの成分を分解し、繁殖することによってワキガの臭いが発生します。

アポクリン汗腺には「リポフスチン」という色素も含まれています。

ワキガ体質の人の衣服が黄ばみやすいのは、このリポフスチンが原因です。

衣服の脇の下部分や下着が黄ばんでいることが多い場合は、アポクリン汗腺からの分泌が多いということになり、ワキガ体質である可能性が高いです。

家族にワキガの人がいる

ワキガはアポクリン汗腺の量を多く持つ「体質」によるものです。体質は、遺伝します。
ワキガ体質は優性遺伝ですから、両親、または祖父母など、家族や親族にワキガの人がいた場合、子供や孫へ高い確率で遺伝している可能性があります。

まとめ

ワキガは体質的なものであるため、他人からうつったり、逆に他人にうつしたりすることはありません。
多くの人が勘違いしているようですので、「感染するものではない」と覚えておいてください。

また、ワキガの人と衣服を一緒に洗濯する時やタオルを使い回す時も同様に、症状がうつるという心配は必要ありません。
汚れや臭いが一時的にうつることはあるかもしれませんが、あくまでも一時的なものです。
衣服も身体も、洗い流してしまえば大丈夫です。

このように、ワキガが人から人へうつる可能性はありません。

自分の体臭が気になった場合にはセルフチェックをおこない、確認してみましょう。
また、体臭が強い場合、なんらかの病気である可能性があります。気になることがあれば、医師に相談しましょう。

※関連記事 ▶ 効果・成分に注目!ワキガの臭いを消す人気のクリーム3つをご紹介!